スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZOWIE AMレビュー

未発売のZOWIE AMのレビューになります。

まず大きさはECシリーズに比べてとても小柄です。

色々なサイトに掲載されている写真がありますが、XAI、SENSEIと形は似ていますね。
左右対称なので手へのフィット感がかなり期待できます。

マウス自体の高さも低くパッドに吸い付く感じで、一体感が有り好感触です。

重さはECシリーズに比べて体感で軽く感じます。

センサーについてですがかなり良いです。
パッドもZOWIE製のを使っていますが、ポイントが飛んだり高速でマウスを振っても飛んだり
ということがないのでハイセンシ、ローセンシと幅広いユーザーが扱えると思います。

ここで自分にとって重要なホイールなのですが
ホイール自体がかなり小さく、高さもないので
ホイールでQCする自分には高さがほしかったですね。
それと、ホイールのスイッチが甘いです。
ホイールの種類?がカチカチとしっかりしてるタイプとヌルヌルと甘いタイプがあるのですが、
ZOWIE AMはヌルヌルとした感じです。
QCをする際高速でホイールを上下に回すのですが、
あまりに高速に上下にすると反応してくれない時があります。
スイッチ部分がカチカチとならないタイプなのかわかりませんが、
ホイールでQCする自分としてはこの部分がかなりネックになってきます。

DPIについてですが
ECと同じ感じなので違和感なく使えています。
個人的には1~2000と選べればいいのですが、ドライバが無いので仕方ないと感じます。
ただドライバが不要な点はオフラインには欠かせない有利な点ですね。
個人的には1~2000選べれば良いとは言いましたが、
ドライバが不要な点の方が優先度は高いと思うので満足です。

クリックの感触ですが
適度な硬さで指きりがしやすいです、
パッドとの一体感もあるので多少強くクリックしてもマウス自体がぶれないので
AR専ならECシリーズよりこちらを使いたいなと思いました。

1日ではこのぐらいしかわからなかったのでまた後日詳しく書こうと思います。

追記



マウスの大きさ、
サイドボタンの位置等フィッシュランドさんのブログに詳しく書いてあったのでそちらを引用させていただきます。


http://fishland.blog23.fc2.com/


マウスパッド zowie swiftとの相性ですが良いと思います。
マウスポインタが飛ぶということもありませんし、ZOWIE AMのパッドにぴたっと吸い付く感じもあり、
操作しやすいと感じました。


追記2

長時間使った感想、やはり軽いし持ちやすいので疲労は溜りにくかったです。
外装もゴツゴツしていないので指が痛くなることもない。

リフトオフディスタンスについてですが

「ADNS-3090の欠点であるリフト・オフ・ディスタンスの長さ(通常約3.5mm)が解消され、ゲーミングマウスとして最も低い水準となる1.5~1.8mmを実現」
とありますが、マウスパッドに触れ無いと反応しない、とかなり優秀です。
マウスを頻繁に持ち上げる方にとってリフトオフディスタンスはネックになってくると思いますが。
使っていてまず気づかなかったです。

あ!リフトオフディスタンスについて書いてないや。
え?違和感もないしこれどうなってんの??
と言ってみれば超絶いい子!


パッドとの相性ですが、飛燕赤SOFT 紫電白 とは相性悪いようです。
180度振り向き30センチくらいなのですが、高速に降ると飛びます。
色の関係か、素材の関係か。
ハイセンシであれば使えると思いますが、ローセンシだと若干きつい可能性があるので参考にしてください。

G-TF speed レビュー

ずいぶん遅くなりましたが
マウスパッドのレビューになります。
gtf_001.jpg



優れている点、

防水性なので手入れがしやすい。
布製パッドを使っていて目に付く点は手垢や汚れで表面が汚れ
センサーの認識に誤作動が生じる点ですが、
水拭きをするだけで手入れOKなのでとても便利です。

ほかの製品だと水に浸して汚れを浮かすなどありますが、
タオルを濡らしサッと拭くだけで汚れが取れるので10分程度で再使用までいけます。

オフラインによくパッドを持ち運びをするのですが丸めてバッグに収納できるので
これもまた便利だなと感じました。

マウスとの相性についてですが
マウスはECシリーズを使っています、光学式マウスのみの使用感ですが、
マウスポインタが飛んだりネガティブアクセル等はまったく出ていません。

パッド自体の寿命ですが3ヶ月使っていてもまだ新品と変わらないほどの形で
使えています、糸のほつれや表面がへこんだりつっかかるというのもないので
とても丈夫なパッドだと思います。

不便な点ですが、

サイズが一般的なものしかないので
ローセンシだと大きさに困るかもしれません。



ZOWIE製品をサポートを受けてから使っていますが
手に馴染んでしまったので、正直このままずっとこのデバイスで行けるのかなーとも思いました。

レビュー マウス ZOWIE EC1 EC2

ZOWIE EC1 EC2のレビューになります。

412AQv22lvL.jpg

ちなみに色なのですが私はブラックを選びました。
理由ですが白だと手垢がつきやすい、ベトつきやすいなどがあるからです。

はじめに大きさ

私はつまみ持ちをするのでなるべく小さい(小さすぎるのは×)ものが好みなので
EC1よりも少し小さいEC2を選びました
かぶせて持つ方はEC1をお勧めします。

次にマウス解像度等

500,1000,2000と三段階のDPIがマウスの裏側のスイッチで
選べます。下から赤→紫→青とマウスホイールのLEDが光ります。

これが非常に便利でEC1 EC2はドライバがありません!
なのでどのPC環境でもこのマウス1台でスムーズにセッティングできる。
オフラインイベントによく参加するのでかなり助かっています。
ポーリングレートも1000Hz固定、(125Hzにもできるみたいですが)
ドライバが不要な点はかなり評価できます。

次にクリック感サイドボタン等

クリック感は非常に柔らかい、カッチリと押し込まなくても良いので指先の負担が減ります。
ただ柔らかすぎるのでマウスをドンと机等に叩きつけてしまうと左右クリックが押されてしまいます。
普通に操作する分には何も問題がありませんが、FPSをやる上でマウスさばきが雑だったりする方は
あまりおすすめしません。

サイドボタンですが私自身あまりサイドボタンには気を使っていないのでわかりませんが
丁度いい位置にあると思います。誤って押すこともありませんしマウスの形に沿ってあるので
マウスを握る際にも邪魔になりません。

次にセンサー等

FPSをやっていてとても重要な部分になります。
ECシリーズは光学式センサーを使っているのでより正確なAIMをすることができます。
ここも非常に気に入った所です。
レーザーマウスが主流になってきましたが、
光学式センサーとの一番の違いは、読み取る正確さ、この一点だと思います。

私は昔レーザーセンサーのマウスを使っていました、が
「マウスを速く大きく振ると視点が飛んでいってしまう」
「パッドの素材が布じゃなきゃだめ、プラはNG」
や色々相性が関わってきます。

光学式センサーはどんなに早く振ってもついてきてくれますし
ある程度のパッドならほとんど対応してくれると思います。
のでこの光学式センサーという部分が一番気に入ってます。

直線補正

これがあるマウスとないマウスがありますが
ECシリーズは結構強めに補正がかかってあると思います。
FPSには欠かせないHSラインキープを忠実に守るために必要な補正なので
アサルト系をやる方はかなり気に入ると思います。
私はスナイパーをするのですがマウスを横に振れば真っ直ぐ横に動くので
細い間を除くのに便利ですね。


総合的にですが
私自身あまり多くのマウスを触れたことがありませんが、
上位に入ってもおかしくないんじゃないかなと思います。
センサーも優秀、ドライバ要らず。この点で私は満足できるマウスでした。

マウスはFPSプレイヤーの腕になるので一人一人色々な見方があると思いますが
スタンダードに使いやすいマウスだと思いました。

Xaiレビュー

http://wasd.jp/products/507/
negitaku引用

デザイン8
機能9
性能7
使い勝手8
価格4
総合 7

良い点 (Good)
・センサーが優秀なのでどんなマウスパッドにも馴染む。
・DPI(CPI)やレートなどがマウス自体で変更できるので、ネカフェ、知り合いの家などどこでも自宅と同じセンシでFPSが出来る。
・マウスの形がシンプルで若干小柄、マウスを振るタイプの人には持ちやすい。


悪い点 (Bad)
・価格が高い。
・微加速がある。
・クリックが深いのか撃てないときがある、*1

総評
センサーが優秀で今はガラスパッドでやっている、QCKでもいいのだが、ガラスの方が滑るので。
ドライバが必要ではないというのはとても機能性に優れていると思う、
というか家で設定すればほかのPCにつないでも記憶しているので
手間がない。
そして振りやすいマウス、Razer DeathAdderを使っていたんだけど大きくて握りづらいというのがあのマウスの欠点。
これに変えてから本来のマウスの動かし方が出来ていると思う。
Razer Krait→Razer DeathAdder→Xaiとマウスを変えてきていますが。
Razer Kraitのときの調子が良かったのですがDeathAdderというマウスに惚れ、
使うも若干の操作性のダウンを感じていました。
壊れたのでXaiに変えましたが、Razer Kraitとの時のような感覚に戻った。
価格ですね、今でも10k前後してると思う、
この点がもう少し改善されたらお手ごろマウスになるんじゃないかな。
微加速入ってるらしい、僕は感じない。ただ僕が知識なくてどういう感覚が加速か分かってないだけ。
*1マウスクリックが反応しないときがあります、
正確に言うとSRでQC撃ちをする際クリックする前にQCしてしまって銃を撃てずにQCしてしまうという状態。
意識すれば直ると思いますが、しっかりクリックを押し込まないと反応しない、これはいいのか悪いのか・・・
プレイ中にクリック強く押す!とか考えるのは面倒です。

個人的にはいい買い物をしたなと思います。
価格がネックにはなりますが、この先このマウスでも全然大丈夫じゃないかな~と思います。
何よりどのマウスパッドにも馴染む点、ドライバ不要な点は魅力的です。

迷っていて資金があるならばオススメします。

カキ氷はブルーハワイの方は
↓くりっくくりっく♪o(〃・◇・〃)ゞ

A.V.A ランキング




今年まだ食べてないな・・・

ATH-A900

ATH-A900のレビュー!
点数でいきます!
付け心地:60
音漏れ:70
音質:85
デザイン:90
携帯性:30

付け心地はいいのですが、重たいです。
首が疲れます。長時間つけて耳、コメカミよりも先に首が痛くなります。

音漏れに関しては一般的なヘッドセットなどに比べると良いほうかも知れませんが。
大音量でFPSなどではほんの多少もれます。
ただ一般的に使う分には一切もれないといってもいいでしょう。

音質、自分はいいヘッドホンをつけたことがないので分かりません。
ノイズ、音が割れるとかはないです。

デザインはつけていて恥ずかしくはないと思います。
自分は青色が好きなのでなお良しです!

携帯性はありません。でかいです、重いです。

値段は少々しますが、無くて損はないと思います。
ただかって得したということもないです、可もなく不可もなく。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。